『未来の住職塾』受講を迷っているあなたへ!!!

『未来の住職塾』受講を迷っているあなたへ!!! https://peraichi.com/landing_pages/view/jusyokujuku 「未来の住職塾」第五期にて共に学んだ法友の齋藤宣裕師(東京クラス)による「『未来の住職塾』受講を迷っているあなたへ!!!」が、凄まじく激熱だ。。 受講の感想コメントのご依頼を僭越ながらにも頂いたので、その激アツぶりに触発されて、拙生も下記のように負けずに檄文を寄せさせて頂きました。 次代の日本仏教界を担う志士たちの末席に、浅学菲才なる拙生も何とかお加えを賜りまして、学びと共にご縁を頂戴させて頂けましたら、誠に有り難くに存じております。 第六期の皆様からも是非、学ばせて頂けましたら幸甚に存じます。どうか宜しくお願い申し上げます。合掌 ・・ - 「未来の住職塾」は、まさに幕末期の松下村塾 - 幕末期、開国を迫る諸外国の圧力を前に、長らく鎖国にあった江戸幕府は対応できず危機に陥っていた。 そのような中、この国の未来について熱く議論研鑽し、新しい国づくりを担う明治維新の志士たちを多く輩出した塾があった・・。そう、誰もが知る「松下村塾」である。 今、日本の仏教界は、幕末期の日本とどこか似ていると言えるのではないだろうか・・。時代・社会の変革のスピードに対応できず、苦境に喘いでいる。檀家の減少、無住寺の増加、布施のビジネス化、進む仏教離れ・・まさに「寺院崩壊」の時を迎えている。 このような危機の下で現れたのが「未来の住職塾」だ。 これからのお寺の未来に危機感、不安感を持った者たちが全国から集い、互いに学びと共に侃々諤々に議論して研鑽し合い、それぞれが磨き上げたる寺業計画書を基に、これからの新しいお寺づくりを担おうと奮闘している。 そして、お寺の未来のみならず、これからの仏教界の未来をも切り開く志士たちが集うところ。それがまさに「未来の住職塾」と言えるのではないだろうか。 確かなる救い、癒し、安心のための仏教、寺院、僧侶のあり方について、是非、共に熱く語り合いましょう。 ・・ 未来の住職塾・本科・第五期・受講感想 これから体験講座や来期本科の受講を考えておられる方への参考となりましたらと存じます。 実は、未来の住職塾の本科受講は、一期目の時から興味があり、受講を考えていたのですが、なかなかタイミングが合わず、ずっと見送ってしまっておりました。 また、お坊さんネットQ&A・hasunohaのメンバーにも卒業生の方が多く、特に、hasunoha共同代表の井上広法師、そして、浦上哲也師は、住職塾卒業生のサンガのそれぞれ副会長、会長でもあり、誠に近い存在でございました。 そして、Facebookで繋がりのある僧侶の皆様方による参加の良い評判や評価、そして、大恩師である大法輪寺の田口学法師からの強いお勧めも頂きまして、第五期にようやく参加することに致したのでございます。 当初は、「寺院・僧侶が、経営学・・」と少し敬遠してしまうイメージを持ってしまっておりましたが、現実、仏法を護持し、これからも、仏法を後世へと護り伝えていくためには、寺院の運営は当然に避けて通れず、ましてや、ますます厳しくなる現状に対して目をつむるわけにもいかず、仏法というソフトを確かに起動させるためのハードとして、仏法・寺院の両輪をバランス良くに調えていくために、ハードの面のこれからの指針となるものを一度考えてみたいということもあって、参加を決断したのでございました。結果的には、ソフトの充実についても大いに考察を深めることができました。 講義に参加することで、学びと共に、同期の皆さまとのワークショップでのケーススタディを用いた侃々諤々の議論、苦しみながらも都度の前後課題を進めていく中で、自分なりにお寺の現状と課題、そして、今後の方針が、回を重ねるごとに、当初はおぼろげであったものを可視化することができていき、そして、講師陣による的確なアドバイス・コーチィングにより、少しずつ寺業計画書へと落とし込むことができるようになって参りました。 当初は、自分のお寺と関係のないことでの寺業計画書の立案も目指していましたが、半分ほど描いてみたものの、大風呂敷を広げたことによる実現性への不安と、自己満足・独善的なものにやや傾いてしまっていたため、やはり、「自坊があっての今の自分である」という思いも徐々に強まったことから、自分のお寺の計画書を最終的に仕上げて発表をさせて頂きました。 そして、迎えた寺業計画書の最終発表・・ 緊張と共に、プレゼンで使う予定で準備していたスライド使用を躊躇してしまったため、入りから少しグダグダに・・そのまま質疑でも消化不良な応答・・そしてタイムオーバー・・ 残念ながら、自分の思うような発表にはなりませんでしたが、発表にて得た学びと気づきに基づいて、計画書を更に練り直し、そして、最終提出を本日に行いました。 もちろん、最終提出で終わりではなく、計画を実践することが大切となります。 早速、来月に開催される当宗教法人の責任役員会にて、計画書を発表すると共に、具体的な取り組みについて随時上程、審議して頂く予定でございます。 また、これからの同期の全国の仲間との集いや卒業生のサンガの皆様との交流による学びとご縁も誠に楽しみでございます。 どうぞ今後ともに宜しくお願い申し上げます。 これから受講をお考えの方の少しなりにも参考となりましたら幸いでございます。 川口英俊 合掌 ・・ 『未来の住職塾』受講を迷っているあなたへ!!! https://peraichi.com/landing_pages/view/jusyokujuku このページは、平成28年度『未来の住職塾』第五期を東京クラスで受講した僧侶が、住職塾の感想などをお伝えして、個人的に参加をオススメするページです。他の5期生のコメントも随時更新しています。 未来の住職塾 無料一日体験教室 http://www.oteranomirai.or.jp/juku/seminar/pre/?utm_source=top&utm_medium=banner&utm_campaign=1daytaiken 未来の住職塾 第六期・募集 http://www.oteranomirai.or.jp/juku/regular_course/ 未来の住職塾・本科・第五期生・関西クラス・最終講義・寺業計画書発表会報告(2017.1.20) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cdb110b442a8018969fae0070b3cd174 お寺のビジョン 【総合テーマ】「グローバルに人々に確かなる救い、癒し、幸せ、安心をお与えになられておられるダライ・ラマ法王のような存在のあるお寺を目指したい」 有形無形の歴史的な価値と単立寺院としてある程度自由さのある利点をフルに活かして、初縁の拡充に努めると共に、総合的な仏教実践、仏縁交流を推進し、他寺院では難しい新たな仏教価値を提供していける可能性を模索し、その一環として、テーラワーダ仏教からチベット密教に至るまでの顕密共に仏法を総合的に修学していける体制を調えると共に、幅広く超宗派間における寺院・僧侶との交流を進めることでの研鑽も深め、また、総合的な仏教修学により、方便力(対機説法・応病与薬)の強化を図ることによる僧侶の資質向上にも取り組み、信頼されるお寺、僧侶として、安心して、仏事・葬儀を任せて頂けることでの寺門興隆を図っていきたい。(中略)そして、いずれは、葬儀や法事などにおけるお経の対価としてお布施や寄付を受けるのではなく、釈尊成道以来、ナーランダ僧院に至るまでの僧団のあり方として、仏教・仏法を確かに扱い実践しているお寺・僧侶であるということにより、真に人々への救いや癒し、幸せ、安心のお役に立てることができている、尊いもの、聖なるものということによって、お布施や寄付を、自然に快くに頂けるようになり、人々がこれからも存続を願って、恭敬と応援の思いをもって、協力、支援、感謝をして頂けるようなお寺にしていきたい。(中略) お寺の使命 お寺が、社会情勢(政治・経済など)や時代・人々の要請により、形態が多様に変化していくのはやむを得ないが、そのような中であっても、決して変化させてはならないのが「仏教」であり、この世に迷い苦しみのある限り、仏法を護り、伝え、説き示し、悟り・涅槃へと導いていくために、安定したハード(器の維持)・ソフト(僧侶・仏教思想哲学の質の向上)両面をバランス良く調えていくことにより、人々に確かなる救い、癒し、幸せ、安心をもたらしていきたい。 ・・ 過日の未来の住職塾での寺業計画書発表会の質疑応答の際、方便力強化のためのチベット仏教を学ぶ意義についての拙生の説明が、あまりに中途半端になってしまったことを反省しています・・ 録音をまだ聞き返していませんが、聞くまでもなく振り返りますと全般的にかなりグタグタになり過ぎましたね・・また、最終提出後に改めて反省をまとめたいとは思いますが・・ 本来は、チベット仏教(特にツォンカパ大師)における「中観思想」と勝義諦と世俗諦の「二諦」の解釈が、日本仏教も含めて膨大な教義的・解釈的広がりを有するに至っている現代仏教全般の思想哲学を正確に整理して理解するために必要であるという点を、しっかりと強調する必要があった、というところであります。 上記のことは、昨今の(というよりも昔からも仏教内にある)「不二一元的な悟り論」や社会的流行になりつつある「マインドフルネス万能論」における誤謬を理解するためにも、実は必要なことになるのであります。 とにかく、「意趣善明」(密意解明)の精読もさっさと進めないと・・ ・・ 未来の住職塾の寺業計画書、実は、発表させて頂きました自坊のものとは別に考えていた計画書のメモには、ダライ・ラマ法王猊下様によるカーラチャクラ尊灌頂の日本開催への支援についても畏れ多くにも言及させて頂いておりました。 開催経費として、20億円以上がかかるとざっくり試算して、半分は入壇料布施(平均2万円×5万人の10億円)として、あと半分は、例えば高須克弥氏など資産家方の施主たち負担として、そのうちのほんの僅かでも支援できればということなのですが、実際に開催するとして、いったいどれぐらいになるのでしょうかね。通訳レシーバーを5万人分レンタルするだけでも幾らになることやら… 画像は、年始にブッダガヤでのダライ・ラマ法王猊下ご導師のカーラチャクラ尊灌頂。 youtubeにて前行法話4日間と舞踏法要の様子が公開されています。有り難いことです。 https://youtu.be/FSoE7LekH1M ・・ 「勝義方便メモ No.12」 https://togetter.com/li/1073026 ・・ お坊さんネットQ&Aサービス・hasunoha http://hasunoha.jp/ hasunoha書籍化・印税収益の一部・東日本大震災・被災者支援に寄附 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/89551fac04beefe15a197270ba215a78 「hasunoha」拙回答まとめ集 http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/ 書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中! http://hasunoha.jp/docs/pr_0002 ・・ 井上広法師の新たなる挑戦について・井上広法師檄文(2017.1.21) http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52232614.html ・・ 元日・夕陽に現れた鳳凰・瑞兆 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f18c3a736f84f5ab3ef985323f2405c ・・ 「チッタマニターラ尊成就法の実践における御供えについて」2017.1.16 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52232371.html 「チッタマニターラ尊灌頂後のチベット密教の実修について」2016.12.11 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/33da8a793a1f6a08cd586e55de609e68 ダライ・ラマ法王猊下様、本当に有り難く尊いご灌頂、ご仏縁をありがとうございました。どうか永らくこの世にお留まり賜りまして、輪廻の苦海にあるものたちをお救い下さいますように。深遠なる真実義をお説き示されますように。ご健勝を心から祈念申し上げます。 川口英俊合掌九拜 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 「チッタマニターラ尊灌頂におけるダライ・ラマ法王猊下様との問答内容について」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d814a5bc49ee9ffef9a7f8cf8cf73516 11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂ご報告」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3101a23d05b1d35a25b1014052e6a728 ダライ・ラマ法王猊下様御来日/拙予習経過まとめ(2016.11.9) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/792738f8de7c80c7d85ef6d7d1a2ac74 ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト | 法王庁 http://www.dalailamajapanese.com/ 公式フェイスブック https://www.facebook.com/dalailamajapanese/ ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html 2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html 2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13 2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df 2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12 ・・ 9/14・チベット仏教を学ぶ会・第1回「寺子屋スーパーサンガ」参加ご報告。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6532e85c2260e3db44b2a22dfc7f8815 チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」 http://www.supersamgha.jp/info/568/ ・・ 『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392 「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d 「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b 「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c 「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f 「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76 ・・ 悟りへの因縁・修習・階梯について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98 以下は、続きとしての定型記事一覧となります。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。

未来の住職塾・本科・第五期・受講感想

未来の住職塾・本科・第五期・受講感想 これから体験講座や来期本科の受講を考えておられる方への参考となりましたらと存じます。 実は、未来の住職塾の本科受講は、一期目の時から興味があり、受講を考えていたのですが、なかなかタイミングが合わず、ずっと見送ってしまっておりました。 また、お坊さんネットQ&A・hasunohaのメンバーにも卒業生の方が多く、特に、hasunoha共同代表の井上広法師や浦上哲也師は、住職塾卒業生のサンガのそれぞれ副会長、会長でもあり、近い存在でございました。 そして、Facebookで繋がりのある僧侶の皆様方による参加の良い評判や評価、そして、大恩師である大法輪寺の田口学法師からの強いお勧めも頂きまして、第五期にようやく参加できた次第でございます。 当初は、「寺院・僧侶が、経営学・・」と少し敬遠してしまうイメージを持ってしまっておりましたが、現実、仏法を護持し、これからも、仏法を後世へと護り伝えていくためには、寺院の運営は当然に避けて通れず、ましてや、ますます厳しくなる現状に対して目をつむるわけにもいかず、仏法というソフトを確かに起動させるためのハードとして、仏法・寺院の両輪をバランス良くに調えていくために、ハードの面のこれからの指針となるものを一度考えてみたいということもあって、参加を決断したのでございました。結果的には、ソフトの充実についても大いに考察を深めることができました。 講義に参加することで、学びと共に、同期の皆さまとのワークショップでのケーススタディを用いた侃々諤々の議論、苦しみながらも都度の前後課題を進めていく中で、自分なりにお寺の現状と課題、そして、今後の方針が、回を重ねるごとに、当初はおぼろげであったものを可視化することができていき、そして、講師陣による的確なアドバイス・コーチィングにより、少しずつ寺業計画書へと落とし込むことができるようになって参りました。 当初は、自分のお寺と関係のないことでの寺業計画書の立案も目指していましたが、半分ほど描いてみたものの、大風呂敷を広げたことによる実現性への不安と、自己満足・独善的なものにやや傾いてしまっていたため、やはり、「自坊があっての今の自分である」という思いも徐々に強まったことから、自分のお寺の計画書を最終的に仕上げて発表をさせて頂きました。 そして、迎えた寺業計画書の最終発表・・ 緊張と共に、プレゼンで使う予定で準備していたスライド使用を躊躇してしまったため、入りから少しグタグタに・・そのまま質疑でも消化不良な応答・・そしてタイムオーバー・・ 残念ながら、自分の思うような発表にはなりませんでしたが、発表にて得た学びと気づきに基づいて、計画書を更に練り直し、そして、最終提出を本日に行いました。 もちろん、最終提出で終わりではなく、計画を実践することが大切となります。 早速、来月に開催される当宗教法人の責任役員会にて、計画書を発表すると共に、具体的な取り組みについて随時上程、審議して頂く予定でございます。 また、これからの同期の全国の仲間との集いや卒業生のサンガの皆様との交流による学びとご縁も誠に楽しみでございます。 どうぞ今後ともに宜しくお願い申し上げます。 これから受講をお考えの方の少しなりにも参考となりましたら幸いでございます。 川口英俊 合掌 未来の住職塾 無料一日体験教室 http://www.oteranomirai.or.jp/juku/seminar/pre/?utm_source=top&utm_medium=banner&utm_campaign=1daytaiken 未来の住職塾 第六期・募集 http://www.oteranomirai.or.jp/juku/regular_course/ 未来の住職塾・本科・第五期生・関西クラス・最終講義・寺業計画書発表会報告(2017.1.20) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cdb110b442a8018969fae0070b3cd174 お寺のビジョン 【総合テーマ】「グローバルに人々に確かなる救い、癒し、幸せ、安心をお与えになられておられるダライ・ラマ法王のような存在のあるお寺を目指したい」 有形無形の歴史的な価値と単立寺院としてある程度自由さのある利点をフルに活かして、初縁の拡充に努めると共に、総合的な仏教実践、仏縁交流を推進し、他寺院では難しい新たな仏教価値を提供していける可能性を模索し、その一環として、テーラワーダ仏教からチベット密教に至るまでの顕密共に仏法を総合的に修学していける体制を調えると共に、幅広く超宗派間における寺院・僧侶との交流を進めることでの研鑽も深め、また、総合的な仏教修学により、方便力(対機説法・応病与薬)の強化を図ることによる僧侶の資質向上にも取り組み、信頼されるお寺、僧侶として、安心して、仏事・葬儀を任せて頂けることでの寺門興隆を図っていきたい。(中略)そして、いずれは、葬儀や法事などにおけるお経の対価としてお布施や寄付を受けるのではなく、釈尊成道以来、ナーランダ僧院に至るまでの僧団のあり方として、仏教・仏法を確かに扱い実践しているお寺・僧侶であるということにより、真に人々への救いや癒し、幸せ、安心のお役に立てることができている、尊いもの、聖なるものということによって、お布施や寄付を、自然に快くに頂けるようになり、人々がこれからも存続を願って、恭敬と応援の思いをもって、協力、支援、感謝をして頂けるようなお寺にしていきたい。(中略) お寺の使命 お寺が、社会情勢(政治・経済など)や時代・人々の要請により、形態が多様に変化していくのはやむを得ないが、そのような中であっても、決して変化させてはならないのが「仏教」であり、この世に迷い苦しみのある限り、仏法を護り、伝え、説き示し、悟り・涅槃へと導いていくために、安定したハード(器の維持)・ソフト(僧侶・仏教思想哲学の質の向上)両面をバランス良く調えていくことにより、人々に確かなる救い、癒し、幸せ、安心をもたらしていきたい。 ・・ 過日の未来の住職塾での寺業計画書発表会の質疑応答の際、方便力強化のためのチベット仏教を学ぶ意義についての拙生の説明が、あまりに中途半端になってしまったことを反省しています・・ 録音をまだ聞き返していませんが、聞くまでもなく振り返りますと全般的にかなりグタグタになり過ぎましたね・・また、最終提出後に改めて反省をまとめたいとは思いますが・・ 本来は、チベット仏教(特にツォンカパ大師)における「中観思想」と勝義諦と世俗諦の「二諦」の解釈が、日本仏教も含めて膨大な教義的・解釈的広がりを有するに至っている現代仏教全般の思想哲学を正確に整理して理解するために必要であるという点を、しっかりと強調する必要があった、というところであります。 上記のことは、昨今の(というよりも昔からも仏教内にある)「不二一元的な悟り論」や社会的流行になりつつある「マインドフルネス万能論」における誤謬を理解するためにも、実は必要なことになるのであります。 とにかく、「意趣善明」(密意解明)の精読もさっさと進めないと・・ ・・ 未来の住職塾の寺業計画書、実は、発表させて頂きました自坊のものとは別に考えていた計画書のメモには、ダライ・ラマ法王猊下様によるカーラチャクラ尊灌頂の日本開催への支援についても畏れ多くにも言及させて頂いておりました。 開催経費として、20億円以上がかかるとざっくり試算して、半分は入壇料布施(平均2万円×5万人の10億円)として、あと半分は、例えば高須克弥氏など資産家方の施主たち負担として、そのうちのほんの僅かでも支援できればということなのですが、実際に開催するとして、いったいどれぐらいになるのでしょうかね。通訳レシーバーを5万人分レンタルするだけでも幾らになることやら… 画像は、年始にブッダガヤでのダライ・ラマ法王猊下ご導師のカーラチャクラ尊灌頂。 youtubeにて前行法話4日間と舞踏法要の様子が公開されています。有り難いことです。 https://youtu.be/FSoE7LekH1M ・・ 「勝義方便メモ No.12」 https://togetter.com/li/1073026 ・・ お坊さんネットQ&Aサービス・hasunoha http://hasunoha.jp/ hasunoha書籍化・印税収益の一部・東日本大震災・被災者支援に寄附 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/89551fac04beefe15a197270ba215a78 「hasunoha」拙回答まとめ集 http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/ 書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中! http://hasunoha.jp/docs/pr_0002 ・・ 井上広法師の新たなる挑戦について・井上広法師檄文(2017.1.21) http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52232614.html ・・ 元日・夕陽に現れた鳳凰・瑞兆 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f18c3a736f84f5ab3ef985323f2405c ・・ 「チッタマニターラ尊成就法の実践における御供えについて」2017.1.16 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52232371.html 「チッタマニターラ尊灌頂後のチベット密教の実修について」2016.12.11 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/33da8a793a1f6a08cd586e55de609e68 ダライ・ラマ法王猊下様、本当に有り難く尊いご灌頂、ご仏縁をありがとうございました。どうか永らくこの世にお留まり賜りまして、輪廻の苦海にあるものたちをお救い下さいますように。深遠なる真実義をお説き示されますように。ご健勝を心から祈念申し上げます。 川口英俊合掌九拜 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 「チッタマニターラ尊灌頂におけるダライ・ラマ法王猊下様との問答内容について」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d814a5bc49ee9ffef9a7f8cf8cf73516 11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂ご報告」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3101a23d05b1d35a25b1014052e6a728 ダライ・ラマ法王猊下様御来日/拙予習経過まとめ(2016.11.9) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/792738f8de7c80c7d85ef6d7d1a2ac74 ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト | 法王庁 http://www.dalailamajapanese.com/ 公式フェイスブック https://www.facebook.com/dalailamajapanese/ ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html 2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html 2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13 2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df 2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12 ・・ 9/14・チベット仏教を学ぶ会・第1回「寺子屋スーパーサンガ」参加ご報告。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6532e85c2260e3db44b2a22dfc7f8815 チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」 http://www.supersamgha.jp/info/568/ ・・ 『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392 「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d 「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b 「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c 「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f 「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76 ・・ 悟りへの因縁・修習・階梯について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98 以下は、続きとしての定型記事一覧となります。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。

井上広法師の新たなる挑戦について・井上広法師檄文

井上広法師の新たなる挑戦について 一昨日(2017.1.18)は、井上広法師の新たなる挑戦に驚嘆するところとなりました。 眼鏡型端末使い集中力向上セミナー エン・ジャパン http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ18HOO_Y7A110C1000000/ “集中度”を可視化して生産性向上を裏付ける 「JINS MEME BUSINESS SOLUTIONS」の提供を開始 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1701/19/news101.html 井上 広法氏がマインドフルネスを解説、実践してJINS MEMEで集中力を計測 http://ascii.jp/elem/000/001/416/1416561/ 井上広法マスターコーチの思い https://goo.gl/kIUVWR 常に前を向いて積極果敢に挑戦し続けておられる井上師。東日本大震災前に、「なむたろう」のニックネームとひょうきんなプロフィール画像の下で、Twitter等にて色々と意見交換をさせて頂いた頃からでは、今のお姿は全く想像ができない・・ 一人の青年僧のこの6年後の変貌ぶりをみても、それぐらいあの大震災は私も含めて僧侶の皆さまにとっても、一つの大きな衝撃であったのだと思う・・ 井上広法師の提案には、現実無視できない重みがございます。お坊さんの新しい社会的役割の模索・・これからも同志、法友として、まだまだ私は後方を走ってはいますが、背中を見つめて参りたいところでございます。 さて、マインドフルネス(私の定義では、今のマインドフルネスと言われているものは、やはり、禅定の一形態の枠内に過ぎないものなのではないだろうかと考えています)については、世俗的利潤や世俗的幸福を主目的としている企業により、それが扱われることについて、私の中ではまだ懸念と一抹の不安が残っております・・ また、「仏教として」とであれば、世俗諦と勝義諦の枠組みを無視して成り立つものでもないと考えています。果たして世俗の次元を超えていけるのか・・企業による足かせも気になるところであります。 とにかく、マインドフルネス・ブームへの懸念については、二年以上前の下記の中での拙考察内で止まってしまっているまま・・また少しでも進めていかないと・・ 勝義方便メモ No.10 https://togetter.com/li/719545 そういえば、実は、昨秋のダライ・ラマ法王猊下様の灌頂の質疑応答の際に、所知障断滅の金剛喩三昧(定)に関することをご質問申し上げるか、それとも、マインドフルネス(ブーム)に関する法王様のご見解を賜るか、並んだ際に少しだけ悩んだのですが、灌頂の内容とあまり関係のないことをご質問申し上げるのは失礼なることであるとも思い、前者を選択したのでした・・ マインドフルネス・・法王様はどのようにお考えであられるのであろうか・・また機会があれば、畏れ多いことですがお聞きしてみたい気も。 ・・以下、井上広法師の檄文・・ お坊さんが働き方改革を提案します。 本日(2017.1.18)、JINS表参道店にて記者発表させて頂きました。 キーワードは集中力。 ビジネスパーソン向けプログラム“cocokuri”をリリースしました。 集中力向上を基礎としたトレーニングです。 近年では脳は機能的にも器質的にも変えられることが明らかになりました。(脳可塑性といいます) 意識的に注意を留め、その反復によって集中力を高めます。(マインドフルネスのひとつのあり方) 高められた集中力をベースに、生産性向上、ストレス軽減(心的耐久力)、人間関係改善(社会的知力)、イノベーション喚起(創造的知力)を狙っています。 そしてまたこのプログラムに欠かせないとっておきのウェアラブルアイテムが、JINS MEME。 このメガネ型最新計測器で“集中”を計測します。 いままで誰も知り得なかった“集中状態”を数値化、測定することで、集中力向上のためのフィードバックが得られます。 cocokuriは、変化の激しい現代に対応できる心を養うため、ストレスの高いビジネスパーソンへのお坊さんからの回答です。 そして、なぜ浄土宗のぼくがという疑問について。 いま猛スピードで変化する社会に対して、宗派単位ではなく、宗派の垣根を超えた連携を呼びかけます。 あらゆる宗派に共通する八正道をベースにしているのもcocokuriの特徴の一つです。 いままでお坊さんといえばお葬式というイメージが先行していました。 これからも僧侶の役目として、供養の重要性は変わらないと思います。 しかし、ご供養のニーズが変わりつつあることも事実です。 このプログラムの裏目標はお寺を潰さないこと。 地域からお寺を消させないこと。 お坊さんの新しい社会的役割も同時に模索し続けます。 お坊さんに悩みを相談するという形はおかげさまでhasunohaで叶いつつあります。 ここにもう一歩加えて、ビジネスシーンにおいて具体的な方法を提示する場がcocokuriです。 最後にもう一度。 お坊さんが持つ伝統的な智慧と実践を、さらにはそこに科学的に裏取りされた知見も加えつつ、懊悩する世の中に提案させていただきます。 マインドの革新で 自己革新を もう誰も自ら命を絶つことのない社会を 南無阿弥陀仏 ・・ ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha http://hasunoha.jp/ hasunoha書籍化・印税収益の一部・東日本大震災・被災者支援に寄附 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/89551fac04beefe15a197270ba215a78 「hasunoha」拙回答まとめ集 http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/ 書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中! http://hasunoha.jp/docs/pr_0002 ・・ 未来の住職塾・本科・第五期生・関西クラス・最終講義・寺業計画書発表会報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cdb110b442a8018969fae0070b3cd174 ・・ 元日・夕陽に現れた鳳凰・瑞兆 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f18c3a736f84f5ab3ef985323f2405c ・・ 「チッタマニターラ尊成就法の実践における御供えについて」2017.1.16 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52232371.html 「チッタマニターラ尊灌頂後のチベット密教の実修について」2016.12.11 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/33da8a793a1f6a08cd586e55de609e68 ダライ・ラマ法王猊下様、本当に有り難く尊いご灌頂、ご仏縁をありがとうございました。どうか永らくこの世にお留まり賜りまして、輪廻の苦海にあるものたちをお救い下さいますように。深遠なる真実義をお説き示されますように。ご健勝を心から祈念申し上げます。 川口英俊合掌九拜 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 「チッタマニターラ尊灌頂におけるダライ・ラマ法王猊下様との問答内容について」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d814a5bc49ee9ffef9a7f8cf8cf73516 11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂ご報告」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3101a23d05b1d35a25b1014052e6a728 ダライ・ラマ法王猊下様御来日/拙予習経過まとめ(2016.11.9) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/792738f8de7c80c7d85ef6d7d1a2ac74 ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト | 法王庁 http://www.dalailamajapanese.com/ 公式フェイスブック https://www.facebook.com/dalailamajapanese/ ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html 2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html 2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13 2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df 2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12 ・・ 9/14・チベット仏教を学ぶ会・第1回「寺子屋スーパーサンガ」参加ご報告。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6532e85c2260e3db44b2a22dfc7f8815 チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」 http://www.supersamgha.jp/info/568/ ・・ 『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392 「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d 「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b 「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c 「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f 「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76 ・・ 悟りへの因縁・修習・階梯について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98 以下は、続きとしての定型記事一覧となります。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。

hasunoha書籍化・印税収益の一部・東日本大震災・被災者支援に寄附/未来の住職塾・寺業計画書発表会報告

hasunoha書籍化印税収益の一部・東日本大震災・被災者支援に寄附 昨年のhasunoha書籍化による印税収益の一部が、東日本大震災の被災者支援のために寄附されました。 hasunoha書籍化『hasunohaお坊さんお悩み相談室』 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/a5e7bbcac80414f55d220d1c821cdf3c お坊さんネットQ&A・hasunoha(代表・堀下剛司氏、共同代表・井上広法師)の運営もまだまだ苦しい中で、本当に有り難いことでございます。 ほどなく7回忌を迎えます。拙生もhasunoha拙回答の功徳と共に更にできる支援を進めて参りたいと存じます。 川口英俊合掌 **以下、hasunoha・堀下剛司代表ブログ本文より抜粋** hasunohaの書籍化で得た収益の一部を震災後の被災者の方の支援をしているKTSKという団体に寄付させていただきました。 hasunohaが誕生したきっかけは、東日本大震災での助け合う人々を見た感銘から、日本人に眠る美徳を呼び覚ましたいという思いだったので、いつの日かhasunohaの活動を通して、震災復興や今もなお苦しんでいる人々に何か支援をしたいとずっと思っていたのです。 そして支援をするなら、物資ではなく心のケアに、さらに僧侶の方が主体となって活動されている団体さんはないかと回答僧侶の方に聞いてみたところ、 震災から6年経った今も、定期的に被災地に赴き、今も苦しむ人々の傾聴をされていて、僧侶の方が運営されている団体があると知り、わずかばかりですが寄付をさせていただくことにしました。 KTSKとは「傾聴に取り組む宗教者の会」の略なのだそうです。 お金を出すだけが支援ではないでしょうし、ここからがまさにスタートです。震災に限らず苦しんでいる人が世の中にはたくさんいることを知ってもらうこと、その方たちに寄り添う活動をしている僧侶が日本には多くいるということも、hasunohaを通じてお伝えしていけるようなプラットフォームになりたいと考えています。 以下、全文参照・・ お坊さんQ&Aサイトhasunoha(ハスノハ)代表ブログ・2017年 最初にしたこと http://taka.hasunoha-blog.info/2017_start/ ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha http://hasunoha.jp/ 「hasunoha」拙回答まとめ集 http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/ 書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中! http://hasunoha.jp/docs/pr_0002 ・・ 未来の住職塾・本科・第五期生・関西クラス・最終講義・寺業計画書発表会報告 平成29年1月18日、早朝より上洛しまして、終日、未来の住職塾・本科・第五期生・関西クラスの最終講義・寺業計画書発表会に参加。 東本願寺さんにお参り後、真宗教化センターへ。 一年間共に学んだ同志とお互いの寺業計画書を研鑽し合い、誠に熱気あふれる発表会となりました。 自身の出来としましては、50点ぐらいだったですね・・正直、残念ながら少し消化不良でした・・反省・・ また、講師陣と共に卒業生であり、恩師である田口学法様も大分の遠方から聴講なされまして、貴重な突っ込み、アドバイスを賜りました。 ここからが本当のスタート。 頂きましたアドバイス、ご叱咤に基づき、私自身、独り善がりになってしまっていた点も猛省し、最終の計画書を調えて、しっかりと実践に繋げて参りたくに存じます。 学びとご縁に有り難し!合掌 来期へ向けての一日体験講義の募集、本科募集も始まっています。 未来の住職塾 http://www.oteranomirai.or.jp/ 「未来の住職塾」寺業計画書の発表前提出 2017.1.15 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/ff0539c227bd3c54d652a83ba9e29d47 お寺のビジョン 【総合テーマ】「グローバルに人々に確かなる救い、癒し、幸せ、安心をお与えになられておられるダライ・ラマ法王のような存在のあるお寺を目指したい」 有形無形の歴史的な価値と単立寺院としてある程度自由さのある利点をフルに活かして、初縁の拡充に努めると共に、総合的な仏教実践、仏縁交流を推進し、他寺院では難しい新たな仏教価値を提供していける可能性を模索し、その一環として、テーラワーダ仏教からチベット密教に至るまでの顕密共に仏法を総合的に修学していける体制を調えると共に、幅広く超宗派間における寺院・僧侶との交流を進めることでの研鑽も深め、また、総合的な仏教修学により、方便力(対機説法・応病与薬)の強化を図ることによる僧侶の資質向上にも取り組み、信頼されるお寺、僧侶として、安心して、仏事・葬儀を任せて頂けることでの寺門興隆を図っていきたい。(中略)そして、いずれは、葬儀や法事などにおけるお経の対価としてお布施や寄付を受けるのではなく、釈尊成道以来、ナーランダ僧院に至るまでの僧団のあり方として、仏教・仏法を確かに扱い実践しているお寺・僧侶であるということにより、真に人々への救いや癒し、幸せ、安心のお役に立てることができている、尊いもの、聖なるものということによって、お布施や寄付を、自然に快くに頂けるようになり、人々がこれからも存続を願って、恭敬と応援の思いをもって、協力、支援、感謝をして頂けるようなお寺にしていきたい。(中略) お寺の使命 お寺が、社会情勢(政治・経済など)や時代・人々の要請により、形態が多様に変化していくのはやむを得ないが、そのような中であっても、決して変化させてはならないのが「仏教」であり、この世に迷い苦しみのある限り、仏法を護り、伝え、説き示し、悟り・涅槃へと導いていくために、安定したハード(器の維持)・ソフト(僧侶・仏教思想哲学の質の向上)両面をバランス良く調えていくことにより、人々に確かなる救い、癒し、幸せ、安心をもたらしていきたい。 ・・ 元日・夕陽に現れた鳳凰・瑞兆 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f18c3a736f84f5ab3ef985323f2405c ・・ 「チッタマニターラ尊成就法の実践における御供えについて」2017.1.16 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52232371.html 「チッタマニターラ尊灌頂後のチベット密教の実修について」2016.12.11 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/33da8a793a1f6a08cd586e55de609e68 ダライ・ラマ法王猊下様、本当に有り難く尊いご灌頂、ご仏縁をありがとうございました。どうか永らくこの世にお留まり賜りまして、輪廻の苦海にあるものたちをお救い下さいますように。深遠なる真実義をお説き示されますように。ご健勝を心から祈念申し上げます。 川口英俊合掌九拜 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 「チッタマニターラ尊灌頂におけるダライ・ラマ法王猊下様との問答内容について」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d814a5bc49ee9ffef9a7f8cf8cf73516 11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂ご報告」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3101a23d05b1d35a25b1014052e6a728 ダライ・ラマ法王猊下様御来日/拙予習経過まとめ(2016.11.9) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/792738f8de7c80c7d85ef6d7d1a2ac74 ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト | 法王庁 http://www.dalailamajapanese.com/ 公式フェイスブック https://www.facebook.com/dalailamajapanese/ ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html 2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html 2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13 2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df 2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12 ・・ 9/14・チベット仏教を学ぶ会・第1回「寺子屋スーパーサンガ」参加ご報告。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6532e85c2260e3db44b2a22dfc7f8815 チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」 http://www.supersamgha.jp/info/568/ ・・ 『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392 「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d 「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b 「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c 「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f 「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76 ・・ 悟りへの因縁・修習・階梯について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98 以下は、続きとしての定型記事一覧となります。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。

未来の住職塾・寺業計画書/チッタマニターラ尊成就法・御供え

「未来の住職塾」本科生として、この一年掛けて取り組みました寺業計画書の発表前提出が、1/14に完了しました。 8分が与えられたプレゼン時間。一応、スライド資料も簡単に作成。 もし使えたらにて、内容9枚、1枚45秒のペース予定。 講師陣による事前審査・コーチングでの喝、檄を受けて、ビジョンの総合テーマを、一気に当初思い描いていた構想へと近づけて調えました。 これが最終ではなく、発表での指摘、質疑応答を受けて、仕上げることになります。 お寺のビジョン 【総合テーマ】「グローバルに人々に確かなる救い、癒し、幸せ、安心をお与えになられておられるダライ・ラマ法王のような存在のあるお寺を目指したい」 有形無形の歴史的な価値と単立寺院としてある程度自由さがある利点をフルに活かして、初縁の拡充に努めると共に、総合的な仏教実践、仏縁交流を推進し、他寺院では難しい新たな仏教価値を提供していける可能性を模索し、その一環として、テーラワーダ仏教からチベット密教に至るまでの顕密共に仏法を総合的に修学していける体制を調えると共に、幅広く超宗派間における寺院・僧侶との交流を進めることでの研鑽も深め、また、総合的な仏教修学により、方便力(対機説法・応病与薬)の強化を図ることによる僧侶の資質向上にも取り組み、信頼されるお寺、僧侶として、安心して、仏事・葬儀を任せて頂けることでの寺門興隆を図っていきたい。( 中略)そして、いずれは、葬儀や法事などにおけるお経の対価としてお布施や寄付を受けるのではなく、釈尊成道以来、ナーランダ僧院に至るまでの僧団のあり方として、仏教・仏法を確かに扱い実践しているお寺・僧侶であるということにより、真に人々への救いや癒し、安心のお役に立てることができている、尊いもの、聖なるものということによって、お布施や寄付を、自然に快くに頂けるようになり、人々がこれからも存続を願って、恭敬と応援の思いをもって、協力、支援、感謝をして頂けるようなお寺にしていきたい。(中略) お寺の使命 お寺が、社会情勢(政治・経済など)や時代・人々の要請により、形態が多様に変化していくのはやむを得ないが、そのような中であっても、決して変化させてはならないのが「仏教」であり、この世に迷い苦しみのある限り、仏法を護り、伝え、説き示し、悟り・涅槃へと導いていくために、安定したハード(器の維持)・ソフト(僧侶・仏教思想哲学の質の向上)両面を調えていくことにより、人々に確かなる救い、癒し、安心をもたらしていきたい。 ・・ ある程度の人数を前にプレゼンするのなんて何年ぶりになるだろうか…かつて政治や福祉、市民活動に熱かった時代が懐かしい。 発表の第6回最終講義は、1/18に東本願寺さんの真宗教化センターにて行われます。 また、既に来期へ向けた体験教室の募集、本科の募集も始まっています。ご興味ある方は是非。 http://www.oteranomirai.or.jp/ ・・ チッタマニターラ尊成就法の実践における、カパーラ杯、そして、七供杯、奏楽お供えとしてのティンシャを調えさせて頂きました。 毎日のお勤めにも誠に張りが出ます。合掌 ダライ・ラマ法王猊下・チッタマニターラ尊灌頂・成満証明書 拡大↓ http://yaplog.jp/hidetoshi/image/5048/5025 「チッタマニターラ尊灌頂後のチベット密教の実修について」2016.12.11 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/33da8a793a1f6a08cd586e55de609e68 ダライ・ラマ法王猊下様、本当に有り難く尊いご灌頂、ご仏縁をありがとうございました。どうか永らくこの世にお留まり賜りまして、輪廻の苦海にあるものたちをお救い下さいますように。深遠なる真実義をお説き示されますように。ご健勝を心から祈念申し上げます。 川口英俊合掌九拜 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 「チッタマニターラ尊灌頂におけるダライ・ラマ法王猊下様との問答内容について」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d814a5bc49ee9ffef9a7f8cf8cf73516 11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂ご報告」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3101a23d05b1d35a25b1014052e6a728 ダライ・ラマ法王猊下様御来日/拙予習経過まとめ(2016.11.9) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/792738f8de7c80c7d85ef6d7d1a2ac74 ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト | 法王庁 http://www.dalailamajapanese.com/ 公式フェイスブック https://www.facebook.com/dalailamajapanese/ ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html 2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html 2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13 2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df 2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12 ・・ ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha http://hasunoha.jp/ 「hasunoha」拙回答まとめ集 http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/ 書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中! http://hasunoha.jp/docs/pr_0002 ・・ 元日・夕陽に現れた鳳凰・瑞兆 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f18c3a736f84f5ab3ef985323f2405c ・・ 9/14・チベット仏教を学ぶ会・第1回「寺子屋スーパーサンガ」参加ご報告。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6532e85c2260e3db44b2a22dfc7f8815 チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」 http://www.supersamgha.jp/info/568/ ・・ 『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392 「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d 「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b 「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c 「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f 「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76 ・・ 悟りへの因縁・修習・階梯について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98 以下は、続きとしての定型記事一覧となります。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。

ツォンカパ大師の美しい刺繍タンカ/チベット密教の実修について

この度、ツォンカパ大師の美しい刺繍タンカを仏棚に拝掲致すことができました。 毎日のお勤め、入中論広註「意趣善明」読解にも誠に力が入ります。合掌九拜 この機縁にて、ガンデン・ラギャマ(宗祖ツォンカパ大師の七支分礼賛偈)のお勤めも始めさせて頂くことと致しました。 ・・ 六座グルヨーガの正式なフルバージョンの解説講義をポタラカレッジさんの通信講座で受講させて頂きました。 現在の簡略バージョンから、正式バージョンへと移行し、お勤めを開始致しました。 ポタラカレッジさん 11/23 初冬の特別講習 六座グルヨーガの解説 http://www.potala.jp/index.php?%E7%89%B9%E8%AC%9B%E9%9B%86%E4%B8%AD#content_3_1 ・・ 誠に拙く浅学未熟者の一愚僧ではございますが、六座グルヨーガ(上師瑜伽)正式フルバージョンとガンデン・ラギャマ(宗祖ツォンカパ大師の七支分礼賛偈)、チッタマニターラ尊成就法のお勤めを毎日欠かさず行うと共に、それらの深遠なる内容の補完、無上瑜伽タントラ全体についての学びを進めつつ、顕教においては、ツォンカパ大師「入中論広註釈・意趣善明」とタルマリンチェン大師「量評釈註釈・解脱道作明」の読解を進めております。 また、2015年4月にダライ・ラマ法王猊下様ご導師にて受法させて頂きました観音菩薩様・許可灌頂の際における法王様から伝授の【「歓喜の地・兜率天に至る階梯」といわれる「三つの真髄の教え」による観想の段階(ポワの実践)】も、この機会から観想修行を少しずつ定期的に行うことと致しました。毎日は無理ですが、週一回ぐらいは何とか修めさせて頂きます。 拙生が、ダライ・ラマ法王猊下様を根本上師と拝し奉るゆえんは、トゥルク、転生活仏だから、ダライ・ラマ法王だからとかからではなく、仏教の深遠なる真実義をお説きになられておられるからである。合掌九拜 石濱裕美子先生ブログ「ジェブツンダンパ10世の認定」 http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-802.html 『確かに将来、ダライラマも二人になることは確実だな(笑)。だから驚くようなことではない。政治問題はちょっとした理由からも、変化していく。重要なのは〔変化しない〕仏教である。経典を聞いて、考えて、伝え、広めることが重要だ。これ以外のパンチェン、ダライラマを招くことは重要ではない。仏教を聞き、考え、実践することこそが大切なことなのだ。』 ・・ ダライ・ラマ法王猊下様、本当に有り難く尊いご灌頂、ご仏縁をありがとうございました。どうか永らくこの世にお留まり賜りまして、輪廻の苦海にあるものたちをお救い下さいますように。深遠なる真実義をお説き示されますように。ご健勝を心から祈念申し上げます。 川口英俊合掌九拜 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 「チッタマニターラ尊灌頂におけるダライ・ラマ法王猊下様との問答内容について」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d814a5bc49ee9ffef9a7f8cf8cf73516 11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂ご報告」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3101a23d05b1d35a25b1014052e6a728 ダライ・ラマ法王猊下様御来日/拙予習経過まとめ(2016.11.9) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/792738f8de7c80c7d85ef6d7d1a2ac74 ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト | 法王庁 http://www.dalailamajapanese.com/ 公式フェイスブック https://www.facebook.com/dalailamajapanese/ ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html 2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html 2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13 2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df 2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12 ・・ 2016.12.9 Tibetan Self-Immolator Was Husband, Father of Three http://www.rfa.org/english/news/tibet/husband-12092016124603.html ダライ・ラマ法王様のお名前を叫びながら…焼身抗議…まだこれがチベット本土の現実である。我が身の恵まれて幸せなることを思い知らされます。次世においては、必ずや法王様との御仏縁のございますことを。合掌 ・・ ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha http://hasunoha.jp/ 「hasunoha」拙回答まとめ集 http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/ 書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中! http://hasunoha.jp/docs/pr_0002 ・・ チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」 http://www.supersamgha.jp/info/568/ 9/14・チベット仏教を学ぶ会・第1回「寺子屋スーパーサンガ」参加ご報告。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6532e85c2260e3db44b2a22dfc7f8815 ・・ 『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392 「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d 「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b 「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c 「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f 「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76 ・・ 悟りへの因縁・修習・階梯について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98 以下は、続きとしての定型記事一覧となります。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。

チッタマニターラ尊灌頂におけるダライ・ラマ法王猊下様との問答内容について

チッタマニターラ尊灌頂におけるダライ・ラマ法王猊下様との問答内容について・・ 少し色々とお問い合わせ頂いておりますが、ダライ・ラマ法王猊下様に、この度の灌頂の2日目(11/12)におきまして、拙生が畏れ多くにもご質問させて頂きました内容は、 「無上瑜伽タントラにおける幻身の存在において、最後に所知障を断滅させるための三昧、金剛喩三昧に関して、自分の意思により、その三昧に入るのか、それとも、幻身の存在として、福徳の資糧を積む、その流れにより、自然に、金剛喩三昧に入り、所知障を断滅するのか、どのようなものとなるのかをご教示を賜りたくに存じます。」 と述べさせて頂きました。 この質問の意図は、悟りには、智慧と福徳の二資糧が必要となるのは、顕教、密教でも変わらずであり、密教の無上瑜伽タントラの幻身の存在は、悟りへと向けた方便、福徳の資糧を、顕教よりも迅速に積むための(ベースとなる)存在であると理解して解釈しておりまして、もしも、幻身と光明との双入もそうなのですが、自らの意思によって、幻身となって即座に金剛喩三昧、光明との双入を図れるならば、迅速に福徳の資糧を積むためのはたらきをする(ベースとなる)存在とは言えなくなってしまうため、そのあたりのことを少し詳しく知りたいという意図におきまして、僭越ながらにもご質問をさせて頂きました。 もちろん、即座に、金剛喩三昧、光明と双入して、所知障を断滅し、法身など三身を具備する方が、衆生済度をはるかにできる存在となり、幻身で福徳の資糧を積むよりも当然に効果的に衆生済度できるようになれるのは当たり前なことでございますが・・ ただ、法王様へと質問の趣旨が通訳のお方を介して、正確に伝わっていなかった可能と共に、お答えを賜りました内容につきましても、緊張があったのと、書き取れなかったため、半分も理解できておらず、その内容をもう一度確認させて頂かないと、どうにも分からないことがございます・・ 少し僭越ながらにも関係者の皆様に法王様のお答えの再確認をお願いする必要性があると存じております。また、仔細が何とか分かりましたらご報告させて頂きます。誠に申し訳ございません。 ・・ 後日に、ポタラ・カレッジ事務局長でゲルク派宗学研究室 http://rdor-sems.jp/ 主室の齋藤保高先生より、先日のチッタマニターラ尊灌頂におけるダライ・ラマ法王猊下様への拙質問内容に関することが、ヤンチェン・ガロ大師『秘密集会聖者流に相応した密教の地と道の解説(秘密集会サラム)』のテクストにて簡潔に整理されているとの有り難いご教示を別にて賜りました。 その「秘密集会サラム」のテクスト和訳も掲載される著書が、来年6月にこの度の灌頂で通訳をされておられました清風学園校長の平岡宏一先生より『秘密集会タントラ概論』として刊行されるようでございますので、またしっかりと修学に努めて参りたいと存じます。 また、平岡宏一先生の訳著「ゲルク派版・チベット死者の書」を灌頂後に再読読解を進める中で、いくつかの拙理解上での訂正が必要なことも分かりました。 とにかく、しっかりと修学に努めつつ、グルヨーガと共に成就法の実践を進めて参りたいと存じます。 11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂ご報告」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3101a23d05b1d35a25b1014052e6a728 ダライ・ラマ法王猊下様、本当に有り難く尊いご仏縁をありがとうございました。どうか永らくこの世にお留まり賜りまして、深遠なる真実義をお説き示されますように。ご健勝を心から祈念申し上げます。 川口英俊合掌九拜 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 ダライ・ラマ法王猊下様御来日/拙予習経過まとめ(2016.11.9) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/792738f8de7c80c7d85ef6d7d1a2ac74 ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト | 法王庁 http://www.dalailamajapanese.com/ 公式フェイスブック https://www.facebook.com/dalailamajapanese/ ・・ ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha http://hasunoha.jp/ 「hasunoha」拙回答まとめ集 http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/ 書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中! http://hasunoha.jp/docs/pr_0002 ・・ 2016年・御来日法話「入菩薩行論・文殊菩薩の許可灌頂」(2016.5.13) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/5813d9bce83de8196ec66b3c3fb9f107 http://www.dalailamajapanese.com/webcasts/post/350- ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html 2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html 2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13 2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df 2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12 ダライ・ラマ14世法王猊下様・公式サイト日本語版 http://www.dalailamajapanese.com/ ダライ・ラマ14世法王猊下様・Facebook日本版公式ページ https://www.facebook.com/dalailamajapanese ・・ チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」 http://www.supersamgha.jp/info/568/ 9/14・チベット仏教を学ぶ会・第1回「寺子屋スーパーサンガ」参加ご報告。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6532e85c2260e3db44b2a22dfc7f8815 ・・ 『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392 「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d 「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b 「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c 「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f 「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76 ・・ 悟りへの因縁・修習・階梯について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98 以下は、続きとしての定型記事一覧となります。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。

ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂受法報告

ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂受法報告・・ ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂三日目・最終日 正式な無上瑜伽タントラ・チッタマニターラ尊灌頂の受法が無事に終わりまして、本当にありがとうございました。 深く感謝感激致しております。終わると同時に、ターラ菩薩様ではございませんが、涙が流れました・・ まずもって、皆様の福徳へと向けまして、この度の灌頂拝受をご回向申し上げます。 ダライ・ラマ法王猊下様、どうか永らくこの世にお留まり賜りまして、深遠なる真実義をお説き示されますように。ご健勝を心から祈念申し上げます。 川口英俊合掌九拜 最終日、本灌頂となる本日は、拙生前葬儀、本葬を迎える気持ちで、心と威儀を正して、会場へと向かいました。 会場に7時に到着し、無事に前行ご法要に間に合いました。 8時前から始まった前行ご法要に続いて、許可灌頂、そして本灌頂とノンストップで最後13時まで続きました。 灌頂の内容は、他には教えられないため、詳しくには書けませんが、生涯唯一無二の最大のものとなりました。 最前列の特権で、導師真横のお供物のお加持もトルマ供養塔を始め、直々に賜れることができ、本当に有り難く幸せなことでございました。 また、二日目の質疑応答セッションでは、法王様にご質問させて頂けましたことも、誠に感涙に耐えません。 前世に比して今世のこの幸せ、まさかダライ・ラマ法王猊下様から、密教における無上瑜伽タントラの灌頂を賜れるとは・・ 更に精進して励み努めて、成就法もしっかりと実践して、自利利他円満へ向けて参りたいと存じます。 この度の御来日のご様子は、下記にてそれぞれ随時ご覧になれます。 ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト | 法王庁 http://www.dalailamajapanese.com/ 公式フェイスブック https://www.facebook.com/dalailamajapanese/ この度は、秘密集会灌頂から変更になりましたが、来年にポタラ・カレッジさんにおいて秘密集会灌頂がありますから、是非に、とお声掛けも賜りました。 機縁熟せばとは思うものの、拙生は、この度のご仏縁、何より誠に有り難く尊いことにて、このご仏縁をとにかく大切に、無上瑜伽タントラは、チッタマニターラ尊灌頂の成就法実践一つとして、他の無上瑜伽タントラの灌頂は今のところ受けてはいかないつもりでございます。 密教根本上師も法王様お一人と僭越、生意気ながらにも心得させて頂きたくに存じております。 何より灌頂も大切ながら、その後の行が最も大切となります。行を毎日欠かさずに調えていくことを、まずは当面のところ考えて参りたいと思っています。 またの機会はもはや難しいかもしれませんが、法王様による無上瑜伽タントラの灌頂がございましたら、場合によっては拝受させて頂くことがあるかもしれませんが… もちろん、法王様によります無上瑜伽タントラ以外の灌頂につきましては、機縁がございましたら、また受法をさせて頂きたいと考えております。 すぐ、明日の高野山での不動明王様許可灌頂はもう参加できないのは残念ですが… ・・ ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂二日目報告・・ 初日の緊張も少し解け、昨夜は手元資料の儀軌と拙勉強のメモを復習しつつ、この度のテクストの予習。 前行ご法話、入菩薩行論のご解説と密教概論について。 そして、まだ半年ながら無上瑜伽タントラを学ぶ中での疑問を、もし質疑応答のセッションが設けられて、可能であればにて法王様にご質問をさせて頂こうと考えておりましたところ、休憩の際に昨日に続いてその機会が! 畏れ多くにも三番目にて、無上瑜伽タントラにおける幻身の存在が最後に所知障を断滅する金剛喩三昧に関しましてのご質問をさせて頂きました。 御教示、誠に尊く有り難くに拝し奉りました。 ただ、緊張のあまり前回と同様、半分ほどしか内容を覚えておらず…しかし、明日にはそのあたりのことについても触れられると最後におっしゃられておりましたので、しっかりと本灌頂にて理解を深めたくに存じます。 明日が最終日、最重要となるチッタマニターラ尊本灌頂になります。 しっかりと直前まで予習に努めて参りたいと存じます。 画像は、ダライ・ラマ法王様お加持の金剛杵。手巾に忍ばせて、この度の灌頂に臨ませて頂いております。合掌 ・・ ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂の初日。 ダライ・ラマ法王猊下様のご尊顔を拝せられまして、誠に有り難く尊いことでございました。 なんと、席は最前列、通訳席の真ん前。法王様のご様子もはっきりと拝せられまして、誠に幸せなること限りなしでございます。 初日ご法話は、仏教概論でございました。 明日、前行法話、明後日、本灌頂となります。とにかくしっかりと拝受に努めさせて頂きたいと存じます。 有縁の皆様とも初めてのご挨拶もさせて頂けまして、誠に良かったです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。合掌 砂曼荼羅荘厳(秘密集会) ダライ・ラマ法王猊下様・チッタマニターラ尊灌頂 http://dalailama-samaya.org/ ・・ この度の灌頂は、成就法(生起次第・究竟次第)を修していくための資格を得られる正式な入門儀礼であると共に、拙生自身の後生へと向けた心相続のためのある意味での生前葬儀と位置付けております。 できれば、早ければにて、来世において、ダライ・ラマ15世様から秘密集会灌頂を授かれるご仏縁へと繋げて参りたいところでもございます。 そのためにも、何とかギュメ僧院の末席にて修行できるぐらいには… とにかく精進にできる限り努めて参りたいと存じます。合掌 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 ダライ・ラマ法王猊下様御来日/拙予習経過まとめ(2016.11.9) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/792738f8de7c80c7d85ef6d7d1a2ac74 ・・ ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha http://hasunoha.jp/ 「hasunoha」拙回答まとめ集 http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/ 書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中! http://hasunoha.jp/docs/pr_0002 ・・ ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト | 法王庁 http://www.dalailamajapanese.com/ 公式フェイスブック https://www.facebook.com/dalailamajapanese/ ダライ・ラマ法王猊下様・2016年・御来日法話「入菩薩行論・文殊菩薩の許可灌頂」(2016.5.13) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/5813d9bce83de8196ec66b3c3fb9f107 http://www.dalailamajapanese.com/webcasts/post/350- ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html 2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html 2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13 2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df 2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12 ダライ・ラマ14世法王猊下様・公式サイト日本語版 http://www.dalailamajapanese.com/ ダライ・ラマ14世法王猊下様・Facebook日本版公式ページ https://www.facebook.com/dalailamajapanese ・・ チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」 http://www.supersamgha.jp/info/568/ 9/14・チベット仏教を学ぶ会・第1回「寺子屋スーパーサンガ」参加ご報告。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6532e85c2260e3db44b2a22dfc7f8815 ・・ 『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392 「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d 「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b 「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c 「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f 「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76 ・・ 悟りへの因縁・修習・階梯について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98 以下は、続きとしての定型記事一覧となります。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。

ダライ・ラマ法王猊下様御来日/拙予習経過まとめ

ダライ・ラマ法王猊下様は、昨日11/8に無事に御来日なさられました。これまでの拙予習の経過はこちらのページにまとめさせて頂いておきます。 ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト | 法王庁 http://www.dalailamajapanese.com/ 公式フェイスブック https://www.facebook.com/dalailamajapanese/ ・・ 秘密集会灌頂(チッタマニターラ尊灌頂に変更)の予習最終となる「空性思想の研究供廖幣川一乗先生著)が届きました。 どうして今なの・・と思うほどに重要な典籍・・もっと早めに入手しておくべきでした・・ ツォンカパ大師の最晩年、集大成となるご著書・入中論広註釈「密意解明」の第六現前地の和訳が収録されています。 今日、明日でできるだけ限界まで読解に努めたいと存じます。 いよいよです。 ・・ ダライ・ラマ法王猊下様のご体調も誠に心配でございますが、チッタマニターラ尊灌頂の正式な日程のアナウンスが出ました。 これで秘密集会灌頂の可能性は完全に無くなりましたが、とにかく心して受法させて頂きたいと存じます。合掌 http://samaya.jp/ チッタマニターラ尊灌頂について  チッタマニターラは、18世紀のチベットの高僧タクポ・ドルジェチャン・カルキ・オンポが感得した本尊で、数あるターラ尊の灌頂の中でも、このチッタマニターラのみが密教の最高位とされる無上瑜伽タントラに属する。  その分かり易さや加持力の速疾なことから特に功徳が大きいとされていたが、長く師資相承のかたちで秘匿され、伝承されてきた観世音菩薩の化身とされる本尊である。  チベット動乱の後、この教えの伝承が断絶することを恐れた正統の継承者ソン・リンポーチェが1960年代初頭に、インドのチベット人亡命キャンプで、この成就法の説法会を行って、この法を現代に伝えたといわれている。  チッタマニターラは、衆生済度を願って女性の身体のまま成仏した最初の仏といわれている。女性は男性の何倍もの生死を経て、男性の身体を得なければ成仏できないとした大乗仏教に対し、女性も男性と平等にその身を以って成仏することができると説く無上瑜伽を代表する仏である。  この法をダライ・ラマ法王が灌頂することは極めて珍しく、1990年代前半にダラム・サラで一度実践されたことが記録されているが、それ以外は殆ど無く、今回、法王様のご判断により秘密集会に代わるものとして、また、法王様による日本最初の無上瑜伽灌頂としてこの本尊が選ばれたことは、非常に意義深い。 チッタマニターラ尊 許可灌頂および灌頂 【日 程】 11日 前行法話『入菩薩行論』 7:00 受付開始 9:00 受付終了 9:30 法話 12:00 終了(予定) 12日 チッタマニターラ尊 前行法話 10:30 受付開始 12:30 受付終了 13:00 前行 15:30 終了(予定) 13日 チッタマニターラ尊 灌頂 7:00 受付開始 9:00 受付終了 8:30 前行法要 9:30 灌頂 13:00 終了(予定) ・・ もちろん、秘密集会灌頂へ向けたこの半年間の予習は無駄ではなく、色々と得るところも大きくございました。 一応、予習も最終盤です。 ここにきて、ツォンカパ大師の入中論広註釈「密意解明」、全訳ではないのですが、最も重要となる第六発心の訳が、小川一乗先生の「空性思想の研究供廚砲△襪海箸鮑頃になって知りました…遅すぎる… どうしょうかと悩みましたが、やはりこの機会に古書を買うことにしました。届き次第に一読ぐらいは何とか・・ 画像は、「密意解明」の要約註釈となる追贈ダライ・ラマ1世、ゲンドゥンドゥプ大師の「意趣善明の鏡」 ・・ チッタマニターラ尊について・・ チッタマニターラ尊は菩薩ではなく、如来同格のようです。 誠に浅学を恥じるところでございます。 チッタマニターラ尊の由来につきましては、石濱裕美子先生のブログに記述が少しございました。 石濱先生には、いつも色々とご教示を賜りまして、本当にありがとうございます。 「ターラー仏の生起法」 http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-443.html チッタマニターラ尊の灌頂ではありませんが、ターラー尊長寿の灌頂の儀軌について、少しばかりだけこちらの記事でも触れられておられます。 http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-613.html 下記の内容も押さえておきたいところでございます。 「灌頂の共通構造(メモ)」 http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-612.html 「嫉妬と随喜(釈迦灌頂報告)」 http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-610.html ・・ 観音菩薩様が、どんなに衆生済度に頑張って励まれても励まれても、衆生全てを満足に救えていないとお疲れになり、哀しまれた時に流された涙が、ターラ菩薩様となられました。 観音菩薩様の大慈悲のお涙からお生まれになられたターラ菩薩様に係る灌頂となります。 それを観音菩薩様の化身でもあられますダライ・ラマ法王猊下様をご導師に拝受させて頂けますことは、誠に有り難く尊い稀有貴重なるご仏縁でございます。 謹んで受法させて頂きたいと存じます。 川口英俊合掌九拝 秘密集会灌頂からチッタマニターラ尊灌頂への変更について http://dalailama-samaya.org/#dalailama_mikkyou_info20161104 秘密集会灌頂は、ダライ・ラマ法王猊下様がご体調を崩されましたご様子のため、主治医より秘密集会灌頂のストップが掛かり、チッタマニターラ灌頂へと変更になったようでございます・・ 灌頂の変更は、誠に残念至極ではございますが、チッタマニターラ尊灌頂も無上瑜伽タントラに属するご灌頂であり、しっかり気持ちを切り替えて真摯に真剣に臨んで参りたいと存じます。 チッタマニターラ灌頂の予習へ向けた有り難いご協力も賜りました。残された時間は、もはや僅かでございますが、とにかく直前まで予習に努めたいと存じます。 何より、ダライ・ラマ法王猊下様の御健勝を心から祈念申し上げます。どうか法王様、御無理をなさられませぬように。 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 川口英俊合掌九拝 ・・ 秘密集会灌頂、いよいよ近づいて参りました。 もう全ての予習を完了するのは不可能に・・残念ながら絞るしかありません・・ とにかく灌頂の内容については、ポタラ・カレッジさんの特別講習で頂いた資料を基にしての解説の復習を繰り返しに。 顕教については、「ツォンカパ 中観哲学の研究5」・ダライ・ラマ1世ゲンドゥンドゥプ大師著「入中論の意趣善明の鏡」を最後に進めて終わりたいと存じます。 本当は、ツォンカパ大師の入中論註釈書「密意解明」を拝読致したいのですが、残念ながら和訳全訳はまだ刊行されていません・・ ・・ 11/13のダライ・ラマ法王猊下様によりますチッタマニターラ尊灌頂が終わりますまで、hasunohaの回答を少しお休みさせて頂きたくに存じております。誠に申し訳ございませんが、ご容赦の程をどうか宜しくお願い申し上げます。 ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha http://hasunoha.jp/ 「hasunoha」拙回答まとめ集 http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/ 書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中! http://hasunoha.jp/docs/pr_0002 hasunoha・拙1200回答の検証について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/5ac8d75b444fb55a60a97a61e08d1b5f 「現役僧侶による悩み相談サイト 現在も1万件以上回答待ち」(NEWSポストセブン) https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-461715/ ・・ 11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・秘密集会灌頂」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/71ea7590873c6947990a018a34c56182 http://dalailama-samaya.org/ 再読する予習本一覧・・ ○・・再読了 →・・読み進め中 ○「チベット仏教哲学」 ○「実践 チベット仏教入門」 ○「チベット密教」 ○「チベット密教 修行の設計図」 ○「チベット密教 瞑想入門」 ○「チベット密教 心の修行」 ○「チベット仏教の神髄」 ○「チベット仏教 高僧法話集」 ○「パンチェン・ラマのラムリム」 〇「ツォンカパ 中観哲学の研究1」 →「ツォンカパ 中観哲学の研究5」 ○「アーラヤ識とマナ識の研究」 〇「ツォンカパの中観思想」 〇「全訳 ツォンカパ 中論註「正理の海」」 ○「ツォンカパのチベット密教 真言道次第広論」 ○「ゲルク派版 チベット死者の書」 ○「チベット「死の修行」」 ○「静寂と明晰 チベット仏教・ゾクチェン修習次第」 ○「秘密集会タントラ和訳」 ○「大秘密四タントラ概論」 ○「吉祥秘密集会成就法清浄瑜伽次第」 ○「秘密集会安立次第論註釈」 ○「チベット密教教理の研究(一)修訂増補」 ○「秘密道次第大論(上)」 他、ダライ・ラマ法王猊下様によります基本書 ○「ダライ・ラマの仏教入門」 ○「ダライ・ラマの仏教哲学講義」 ○「ダライ・ラマ「菩提心の解説」」 ○「ダライ・ラマ 至高なる道」 ○「ダライ・ラマ 般若心経入門」 ○「ダライ・ラマの「中論」講義」 ○「ダライ・ラマ 実践の書」 ○「ダライ・ラマ 生き方の探究」 ○「ダライ・ラマ 智慧の眼をひらく」 ○「ダライ・ラマ 瞑想入門」 ○「ダライ・ラマ 死と向き合う智慧」 ○「ダライ・ラマの密教入門」 ○「ダライ・ラマ法話 文殊の智慧による救い」 2016年10月3日-6日、インド・ダラムサラでのダライ・ラマ法王猊下様によるアーリヤデーヴァ(聖提婆)大師の『菩薩瑜伽行四百論』(uma shigyapa)法話会の動画公開・日本語即時通訳・和訳テクストあり。 http://dalailamajapanese.com/webcasts/post/351- 今回再読に間に合わなかったもの・・ 「般若経釈 現観荘厳論の研究」 「大乗荘厳経論研究」 「全訳 アティシャ 菩提道灯論」 「菩提道次第論 悟りへの階梯」 「解脱の宝飾 道次第・解脱荘厳」 「ツォンカパ 菩提道次第大論の研究2」 「ツォンカパ 中観哲学の研究2」 「ツォンカパ 中観哲学の研究3」 「ツォンカパ 中観哲学の研究4」 「チベット仏教 論理学・認識論の研究」1〜4 ・・ 正直、このために前世から今生へと参りました。 稀有貴重なる尊い儀軌を悟りへの資糧へと最大限に活かさなければなりません。 今回は特に、チベット密教最奥義なる灌頂。しかも、ダライ・ラマ法王猊下様によるご導師。 カタチだけ、物見遊山、興味本位によるものでは、全く意味がありませんし、逆に一歩間違えれば、とんでもない過ち、悪趣へ陥る危険もあるだけに、迎えるにあたり、かなりの真摯さ、慎重さも必要となります。 とにかく残された時間は限られていますが、空性の理解を更に極限にまで深めると共に、ツォンカパ大師の典籍を更にできる限り限界まで読み込んで参りたいと存じます。 深遠なる真実義をお説きになられますダライ・ラマ法王猊下様に最敬礼申し上げます。合掌九拝 11/14・15「高野山大学創立130周年記念 ダライ・ラマ法王 チベット密教 不動明王の許可灌頂&記念講演」 http://www.koyasan-u.ac.jp/notice/event/detail/113 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 ダライ・ラマ法王猊下様・2016年・御来日法話「入菩薩行論・文殊菩薩の許可灌頂」(2016.5.13) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/5813d9bce83de8196ec66b3c3fb9f107 http://www.dalailamajapanese.com/webcasts/post/350- ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html 2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html 2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13 2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df 2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12 ダライ・ラマ14世法王猊下様・公式サイト日本語版 http://www.dalailamajapanese.com/ ダライ・ラマ14世法王猊下様・Facebook日本版公式ページ https://www.facebook.com/dalailamajapanese ・・ チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」 http://www.supersamgha.jp/info/568/ 9/14・チベット仏教を学ぶ会・第1回「寺子屋スーパーサンガ」参加ご報告。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6532e85c2260e3db44b2a22dfc7f8815 ・・ 『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392 「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d 「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b 「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c 「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f 「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76 ・・ 悟りへの因縁・修習・階梯について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98 以下は、続きとしての定型記事一覧となります。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。

週刊ポストhasunoha紹介記事/秘密集会灌頂がチッタマニターラ尊灌頂に変更

週刊ポストhasunoha紹介記事/秘密集会灌頂がチッタマニターラ尊灌頂に変更・・ 週刊ポストにhasunohaの紹介記事が載ったみたいでして、ネットの方にアップされているのを読んでみますと、なんと、拙回答の問答が紹介されていました。お恥ずかしい限りであります・・そして、釈徹宗先生からのコメント、誠に有り難しでございます。 「現役僧侶による悩み相談サイト 現在も1万件以上回答待ち」(NEWSポストセブン) https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-461715/  新聞、雑誌、ネット掲示板……様々なメディアに「お悩み相談」は溢れているが、中でもいま多くの話題を集めている相談サイトが「hasunoha(ハスノハ)」だ。その人気の秘密は現役の僧侶たちが「有り難い」教えを説いてくれることだった──。  20数年勤めた会社が倒産。再就職するもリストラ続きで、ついには自殺まで頭をよぎるという51歳(男性)からの相談に答えたのは、臨済宗岩瀧山往生院六萬寺の川口英俊副住職だった。  川口副住職は、〈これまでのご苦労、ご辛苦を癒される機会が与えられたと考えることもできる〉と、優しく語りかける。  また、この機会にボランティアや社会奉仕に携わり違う視点を持つこともいいと続ける。 〈善い結果を生み出すための善い原因(ご縁)を少しずつでも積み重ねていくことが大切になる(中略)。善いご縁へ向けて、どのように動かれるかどうか次第で、これからが大きく変わっていく〉  これはお悩み相談サイト「hasunoha」の一部抜擢である。現役の僧侶が「生きる智慧」をアドバイスすることで人気だ。回答するのは宗派問わず200人で、これまでに2万3000件以上の悩みに答えてきた。  1日の相談は40件までに制限されているため、現在も1万件以上の回答待ちがあるという。1月30万ビューの閲覧があるというからすごい。  寄せられる悩みは、冒頭のような「仕事」に関するものだけでなく、「家族・夫婦関係」「友人関係」「死について」「嫉妬」など多岐にわたる。  サイトを立ち上げた経緯について、堀下剛司代表が語る。 「開設は2012年11月。東日本大震災での人々の行動に感銘を受けたことが、大きな動機でした。非常時でも互いに支え合い、我先にと争わずに並んで順番を待つ日本人の美徳や精神性の根底のひとつに、仏教の教えがあるのではないかと思ったんです。  仏教で説かれる『慈悲の心』『感謝の心』などは現代社会にも通じる智慧であり、医師やカウンセラーではフォローしきれない。僧侶こそ、日本人の求める答えを持っていると考えたんです」  悩める人の心情に寄り添うお坊さんの味わい深いアドバイスが評判を呼び、相談者は増えていった。相談者からは「心が軽くなりました」「涙が止まりません」とお礼も多いという。サイト内では僧侶のプロフィールや回答歴なども閲覧できるほか、ユニークな回答にはフェイスブックの「いいね!」ならぬ「有り難し」が集まっていくのだとか。  相愛大学教授で僧侶の釈徹宗氏は、「hasunoha」が支持される理由をこう分析する。 「お坊さんという存在は『仏道』という一般社会とは別の価値体系の中を歩んでいます。一般社会では“ダメ人間”“モラルハザード”とひとくくりにされてしまいかねない悩みでも、仏教ではそれとは違う価値観を提示してくれるのではないか、そんな“救い”への期待があるのだと思います。そのニーズが、ネット社会の利便性とマッチした好例でしょう」  仏の教えが、ネットを介して人を救う時代が来たようだ。 ※週刊ポスト2016年11月11日号 勇気を出して、これまでご縁が無かった「週刊ポスト」を初めて買って参りました。 意外にも売り切れで、コンビニ3店を回ってやっと購入。 当該を見ると、やはり本文は更にございまして、他の方の回答問答も幾つか載っておりました。 パラパラめくると、なんと、あら〜な内容も、、 あら〜な内容はともかく、hasunoha紹介記事の全文をお読みになられたい方は、どうぞお買い求め下さいませ。(^_^;) ・・ 「ネットで僧侶に悩み相談…「駆け込み寺」人気に」(読売新聞・オンライン) http://sp.yomiuri.co.jp/national/20161101-OYT1T50037.html ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha http://hasunoha.jp/ 「hasunoha」拙回答まとめ集 http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/ 書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中! http://hasunoha.jp/docs/pr_0002 hasunoha・拙1200回答の検証について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/5ac8d75b444fb55a60a97a61e08d1b5f ・・ 観音菩薩様が、どんなに衆生済度に頑張って励まれても励まれても、衆生全てを満足に救えていないとお疲れになり、哀しまれた時に流された涙が、ターラ菩薩様となられました。 観音菩薩様の大慈悲のお涙からお生まれになられたターラ菩薩様に係る灌頂となります。 それを観音菩薩様の化身でもあられますダライ・ラマ法王猊下様をご導師に拝受させて頂けますことは、誠に有り難く尊い稀有貴重なるご仏縁でございます。 謹んで受法させて頂きたいと存じます。 川口英俊合掌九拝 秘密集会灌頂からチッタマニターラ尊灌頂への変更について http://dalailama-samaya.org/#dalailama_mikkyou_info20161104 秘密集会灌頂は、ダライ・ラマ法王猊下様がご体調を崩されましたご様子のため、主治医より秘密集会灌頂のストップが掛かり、チッタマニターラ尊灌頂へと変更になったようでございます・・ 灌頂の変更は、誠に残念至極ではございますが、チッタマニターラ尊灌頂も無上瑜伽タントラに属するご灌頂であり、しっかり気持ちを切り替えて真摯に真剣に臨んで参りたいと存じます。 チッタマニターラ尊灌頂の予習へ向けた有り難いご協力も賜りました。残された時間は、もはや僅かでございますが、とにかく直前まで予習に努めたいと存じます。 何より、ダライ・ラマ法王猊下様の御健勝を心から祈念申し上げます。どうか法王様、御無理をなさられませぬように。 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 川口英俊合掌九拝 ・・ 秘密集会灌頂、いよいよ近づいて参りました。 もう全ての予習を完了するのは不可能に・・残念ながら絞るしかありません・・ とにかく灌頂の内容については、ポタラ・カレッジさんの特別講習で頂いた資料を基にしての解説の復習を繰り返しに。 顕教については、「ツォンカパ 中観哲学の研究5」・ダライ・ラマ1世ゲンドゥンドゥプ大師著「入中論の意趣善明の鏡」を最後に進めて終わりたいと存じます。 本当は、ツォンカパ大師の入中論註釈書「密意解明」を拝読致したいのですが、残念ながら和訳全訳はまだ刊行されていません・・ 11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・秘密集会灌頂」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/71ea7590873c6947990a018a34c56182 http://dalailama-samaya.org/ 再読する予習本一覧・・ ○・・再読了 →・・読み進め中 ○「チベット仏教哲学」 ○「実践 チベット仏教入門」 ○「チベット密教」 ○「チベット密教 修行の設計図」 ○「チベット密教 瞑想入門」 ○「チベット密教 心の修行」 ○「チベット仏教の神髄」 ○「チベット仏教 高僧法話集」 ○「パンチェン・ラマのラムリム」 〇「ツォンカパ 中観哲学の研究1」 →「ツォンカパ 中観哲学の研究5」 ○「アーラヤ識とマナ識の研究」 〇「ツォンカパの中観思想」 〇「全訳 ツォンカパ 中論註「正理の海」」 ○「ツォンカパのチベット密教 真言道次第広論」 ○「ゲルク派版 チベット死者の書」 ○「チベット「死の修行」」 ○「静寂と明晰 チベット仏教・ゾクチェン修習次第」 ○「秘密集会タントラ和訳」 ○「大秘密四タントラ概論」 ○「吉祥秘密集会成就法清浄瑜伽次第」 ○「秘密集会安立次第論註釈」 ○「チベット密教教理の研究(一)修訂増補」 ○「秘密道次第大論(上)」 他、ダライ・ラマ法王猊下様によります基本書 ○「ダライ・ラマの仏教入門」 ○「ダライ・ラマの仏教哲学講義」 ○「ダライ・ラマ「菩提心の解説」」 ○「ダライ・ラマ 至高なる道」 ○「ダライ・ラマ 般若心経入門」 ○「ダライ・ラマの「中論」講義」 ○「ダライ・ラマ 実践の書」 ○「ダライ・ラマ 生き方の探究」 ○「ダライ・ラマ 智慧の眼をひらく」 ○「ダライ・ラマ 瞑想入門」 ○「ダライ・ラマ 死と向き合う智慧」 ○「ダライ・ラマの密教入門」 ○「ダライ・ラマ法話 文殊の智慧による救い」 2016年10月3日-6日、インド・ダラムサラでのダライ・ラマ法王猊下様によるアーリヤデーヴァ(聖提婆)大師の『菩薩瑜伽行四百論』(uma shigyapa)法話会の動画公開・日本語即時通訳・和訳テクストあり。 http://dalailamajapanese.com/webcasts/post/351- 今回再読に間に合わなかったもの・・ 「般若経釈 現観荘厳論の研究」 「大乗荘厳経論研究」 「全訳 アティシャ 菩提道灯論」 「菩提道次第論 悟りへの階梯」 「解脱の宝飾 道次第・解脱荘厳」 「ツォンカパ 菩提道次第大論の研究2」 「ツォンカパ 中観哲学の研究2」 「ツォンカパ 中観哲学の研究3」 「ツォンカパ 中観哲学の研究4」 「チベット仏教 論理学・認識論の研究」1〜4 ・・ 正直、このために前世から今生へと参りました。 稀有貴重なる尊い儀軌を悟りへの資糧へと最大限に活かさなければなりません。 今回は特に、チベット密教最奥義なる灌頂。しかも、ダライ・ラマ法王猊下様によるご導師。 カタチだけ、物見遊山、興味本位によるものでは、全く意味がありませんし、逆に一歩間違えれば、とんでもない過ち、悪趣へ陥る危険もあるだけに、迎えるにあたり、かなりの真摯さ、慎重さも必要となります。 とにかく残された時間は限られていますが、空性の理解を更に極限にまで深めると共に、ツォンカパ大師の典籍を更にできる限り限界まで読み込んで参りたいと存じます。 深遠なる真実義をお説きになられますダライ・ラマ法王猊下様に最敬礼申し上げます。合掌九拝 11/14・15「高野山大学創立130周年記念 ダライ・ラマ法王 チベット密教 不動明王の許可灌頂&記念講演」 http://www.koyasan-u.ac.jp/notice/event/detail/113 「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327 ダライ・ラマ法王猊下様・2016年・御来日法話「入菩薩行論・文殊菩薩の許可灌頂」(2016.5.13) http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/5813d9bce83de8196ec66b3c3fb9f107 http://www.dalailamajapanese.com/webcasts/post/350- ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html 2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」 http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html 2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13 2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df 2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12 ダライ・ラマ14世法王猊下様・公式サイト日本語版 http://www.dalailamajapanese.com/ ダライ・ラマ14世法王猊下様・Facebook日本版公式ページ https://www.facebook.com/dalailamajapanese ・・ チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」 http://www.supersamgha.jp/info/568/ 9/14・チベット仏教を学ぶ会・第1回「寺子屋スーパーサンガ」参加ご報告。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6532e85c2260e3db44b2a22dfc7f8815 ・・ 『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392 「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d 「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b 「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c 「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f 「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76 ・・ 悟りへの因縁・修習・階梯について http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98 以下は、続きとしての定型記事一覧となります。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM